SUDDEN ATTACK サドンアタック

GAME START ゲームスタート

サドンアタックへようこそ!

マップ情報

スネイク

マップ画像
地上と地下の2つのルートしかなく、小さめのMAPのため、すぐに交戦が発生しやすい。
MAPのほとんどの部分に天井が存在し、上空からのグレネードによる攻撃があまり効果的でないため、正確なエイムが必要とされる。

インディウェイ

マップ画像
REDチーム、BLUEチームともにリスポーン地点から交戦までが短く、また道も単純であることからチームデスマッチのMAPの中でも人気がある。
屋外であるため屋根が少なく、上空からのグレネードが当たりやすい。そのため、投げ込みやすいREDチームが有利となりやすいMAPである。
状況
解放戦線の絶えない抵抗によって、タンジリロの状況が芳しくない中、多国籍エネルギー企業エネルギーテック社は新たな地域への資源探査作戦を開始した。
南米外郭ののどかな村。新エネルギー探査隊はこの村の近くにある鉱山に鉱物資源が大量に埋蔵されているとの報告を受け、大規模な探査作戦を行う。この情報を入手したジャン・ホークはUG forcesを支援するエネルギーテック社を牽制するため特殊部隊Silent Foxを緊急派遣する。

ウェアハウス2

マップ画像
人気MAP「ウェアハウス」の続編となるMAPだ。
倉庫内をモチーフに、コンテナなど遮蔽物が多い一方、2階部分の視野は広く、スナイパーライフル、アサルトライフル、ともに活躍できる。
左右のダクト通路も健在であり、さらには天井付近を走る鉄骨にも乗ることができるなど、一風変わった戦いも楽しめる。
状況
ジャン・ホーク率いる特殊部隊Silent Foxの精鋭チームW-Scoutによる軍需倉庫への襲撃作戦はこれといった成果を得られなかったように見えた。しかしこの攻撃によりUG forcesの北部戦線への補給に多少なりとも支障があったという事実を知ったジャン・ホークは、追い打ちをかけるかのように軍需倉庫へのさらなる攻撃を準備しはじめる。

ストーンキャッスル

マップ画像
ほぼ左右対称の構図となっている。2階通路と1階広間は窓を通じて交戦可能。
2階通路と1階広間をバランスよく攻めることが勝利の鍵を握る。
また占領戦のMAPとは違うMAP構造であるので注意したい。
状況
部隊に存在した反逆者1名がUG forcesへ亡命した。奴はSI級情報を持ち出しており、外部へ漏洩した場合最悪の事態となる。古城内部に存在する隠れ処を急襲し、裏切り者を含めたすべての敵を倒さなければならない。

ロイヤルロード

マップ画像
吹き抜けのある2階と、通路でつながった1階がメインの交戦場となる。吹き抜けについては転落すると死亡となるため注意したい。
木製の扉は貫通するので、2階での交戦時は丁寧なクリアリングが必要となるだろう。また段差も多いので高低差を利用して有利に戦いたい。
見た目が似ている通路が多いため、MAPをしっかり把握してから勝負に臨むとよい。
状況
エジプトのカイロにあるホテル「ロイヤルガーデン」に政府上層部の役員が宿泊している情報を入手する。彼を拉致しようとするSilent Foxとそれを阻止する為にUG forcesとの死闘が今始まろうとしている。

G-キューブ

マップ画像
ほぼ重力のない空間で戦闘するというかなり変わったMAPである。中央制御室は重力があるが、中の送風口に乗ると一気に上空へ排出される。
低重力とは言え銃弾は問題なく飛ぶ。
状況
地下に建設された低重力実験施設G-Cube。きたるべき宇宙空間での活動を想定した訓練施設に対して、反国軍による強襲作戦の情報を入手した連合軍は、秘密裏に部隊を派遣し、この強襲作戦に迎え撃つ準備を進める。

シャークテール

マップ画像
水中戦も勃発する数少ないMAP。遮蔽物が多いが隙間からのロングストレートも多く存在するため、スナイパーには注意したい。
またMAP中央の輸送船は3階まであるため、上下左右とクリアリングには注意し、正確なエイムで挑もう。
状況
政府軍の要請で連合軍は多くの軍事物資と戦闘車両を輸送するために、新型の輸送船を使用することを決定した。これに対し反国軍は連合軍の補給を妨害するため、偽装した漁船で連合軍の海軍基地へと強襲をかける。

潜水艦基地

マップ画像
潜水艦を中心に、水の張られた地下階層、地上1階~3階まで、見晴らしのいいMAPであるため、スナイパーが活躍しやすい。
特に3階は壁が多く下からは見えにくいので、狙撃には格好のポイントだ。
水中は、酸素制限があるのでたびたび浮上しなければならず、上から狙撃されやすい。よほどのことがない限り水中戦は避けるべきだ。
状況
反国軍によって秘密裏に建造された潜水艦基地の情報を入手した連合軍は、同潜水艦基地の爆破作戦を立案し行動に移すが、反国軍の抵抗は激しく、戦闘は熾烈を極めていく。

パワープラント

マップ画像
中央のプラントエリアと、周囲を取り囲む通路エリアの2カ所に大別される。
通路側は遮蔽物が少ないロングストレートが多いため、突入の際は敵にスナイパーがいないか確認しよう。
プラントエリアは出入り口が極めて少なく、またプラント内に潜伏箇所が多いのでクリアリングが難しい。
状況
政府軍との戦争が激しくなっていく中、サンバト政府は解放戦線の占領地域の電気供給を中断。これに激怒した解放戦線は発電所襲撃作戦を立案し、実行に移す。しかし、連合軍側はその情報を入手しており、襲撃作戦に対するために特殊部隊を派遣する。

バーニングリバー

マップ画像
左右の広々とした車道と、中央を仕切る歩道、そしてS字の地下通路と4つのルートが存在するMAP。
車道は広さや崩れている箇所、遮蔽物など起伏に富んでいるが、基本的にはどこを抜けようとしてもスナイパーに狙われやすい。
状況
サンバトを横切るジタト河に建設中の大型ブリッジでは、絶えず両軍の小競り合いが続いていた。反国軍はアムタール市内でのテロを完了後、連合軍に追われていた同軍の部隊と遭遇、そのまま合流し、追跡してきた連合軍に逆に攻撃をしかける。

ワンウェイ

マップ画像
文字通り「一本道(ワンウェイ)」であるMAP。
しかし極めて多くの遮蔽物や脇道があり、一本道とはいえ見晴らしは良くないため、攻めるときは常に敵が隠れていないか注意して戦いたい。
状況
アムタール市上空を偵察中の連合軍のブラックホーク機が反国軍の攻撃を受けて同市内に墜落した。連合軍は墜落機の捜索と救出のために、部隊の派遣を決定したとの情報を入手した反国軍は待ち伏せして連合軍を殲滅しようと狙っている。

ウェアハウス

マップ画像
チームデスマッチにおいて一番人気と言っても過言ではないこのMAPは、倉庫をモチーフとしている。
コンテナと左右のダクト通路が特徴。
上下の高低差があるので、クリアリングの基本を学んだり、エイムの調整をしたりと、初級者から上級者まで楽しめる。
状況
市外に位置する、今は使用されていない貨物倉庫。反国軍の身を隠すのに使われているとの情報を入手した連合軍は鎮圧作戦を実施するために部隊を派遣。狭い倉庫を舞台に激しい戦闘の火蓋が切って落とされる。

第5補給倉庫

マップ画像
爆破モードのMAPをチームデスマッチモードで実装。
リスポーン地点がMAPのいたる場所にある。
第3補給倉庫と半分だけ同じ構成となっている。

スクール

マップ画像
学校を舞台にしたMAP。
ところどころに教室ならではの備品が設置してあるが、全体的に見通しはよい。
爆破設置ポイントが一か所しかなく、交戦が発生しやすい。

ハーレム

マップ画像
入り組んだ狭い路地裏を舞台とした最大5対5まで可能な少人数制のMAP。
BLUEチームのリスポーン地点すぐそばに爆破地点があるため、BLUEチームが有利になりやすい。
MAP自体は狭いので勝負がつきやすく、短期決戦になるだろう。

コロニアルパレス

マップ画像
ブラジルのPelourinhoという地域をモチーフにしたMAP。
Bポイント側にロングストレートがあるため、スナイパーはここを主戦場とするとよい。
REDチームは、地上と地下通路2手に分かれて、待ち伏せる敵をいかに攻略するかが鍵となる。

第3補給倉庫

マップ画像
爆破MAPで最も人気のあるMAPの1つ。
A、Bの爆破ポイントへのロングストレートへはBLUEチームのほうが早く入れることからBLUEチームが有利である。ただしグレネードの使い方やキャットを利用したかく乱、スモークやフラッシュによって突破口を開くこともできる。
公式大会でも必ず使われるため、何度もプレイして経験を積むとよいだろう。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
反国軍の補給倉庫爆破を目的とした連合軍の作戦が始まった。しかし、連合軍の作戦計画を入手していた反国軍はすでに部隊の配備を完了し、連合軍がやってくるころには銃口を向けて待ちかまえていた。

ドラゴンロード

マップ画像
効果音が騒がしく、また原色の多い珍しいMAPである。高低差も非常にあるため、転落死の危険も高い。
REDチームで攻め込むなら、爆破ポイントへ直行できる「看板登り」を習得しておくと非常に有用だ。どんな場面でもこれに失敗することなく素早く登れるようになって初めて、中級者以上であると言えるだろう。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
軍資金を準備するために麻薬の取引まで行う反国軍。反国軍への麻薬供給を行う密売人が香港にいるという情報を入手した連合軍は、反国軍への資金流入を阻止するため香港へ部隊を派遣する。

エアポート

マップ画像
スナイパーがいる場合はREDチームのリスポーン地点まで広々と見渡せてしまうため、BLUEチームが非常に有利となるMAP。
建物に入れれば爆破地点まではすぐだ。
状況
広大な砂漠に存在する空港施設。寂れたその風貌とは裏腹に、両軍にとって戦略的に重要な拠点になり得る施設であるため、度々激しい衝突が起こっている。付近には遮蔽物が少なく、スナイパーによる駆け引きが勝負を決する。

海洋中継所

マップ画像
足元は雪、水中施設まである極めて珍しいMAP。通路が入り組んでいるため、事前にMAP構造はチェックしておこう。
爆破地点のAとBが離れており、BLUEチームで解除に向かう場合間違えないように注意したい。
状況
ヨーロッパでの連続テロにより、連合軍の注意がそちらに向いている間、反国軍は建設中だった海洋基地を占拠、そこを中継基地とした海上補給路の確保を目論んでいた。これを受け連合軍は海洋基地の奪還作戦を立案。空から輸送ヘリを使用した兵員降下にて奇襲作戦を実行する。

オールドタウン

マップ画像
坂道や、貫通する壁が多く、正面きっての撃ち合いにはなりにくい。また建物の高さが低く、グレネードがあちこちに飛びやすいため注意が必要。
Aポイントへ向かう橋の上はスナイパー戦になりやすいが、下からも撃たれることがあるのでそちらのクリアリングもしっかりしたい。降りるハシゴはRED側にしかない。
Bポイントそばの小部屋は、足元が木材なので下から撃つことが可能。
状況
ジャン・ホークはアデラザから便りを受け取り、地中海沿岸に位置する石油貯蔵施設へのパイプライン破壊を計画する。破壊目標となったのはヨーロッパ南部のイベリア半島に位置するオールドタウン。青空も清々しい2011年11月18日日曜日、ジャン・ホークの部隊がオールドタウンに進入し、パイプライン破壊作戦が始まる。

プロバンス

マップ画像
Aポイント、Bポイント、中央、と3つのルートに分かれているきわめてわかりやすい構成のMAP。すべてロングストレートがあるのでスナイパーの腕次第ではかなりのKillをあげられる。
BLUEは自ら仕掛けるか、待って戦うかの選択に迫られるだろう。待って戦う場合は、3つのルートのうち1つでも抜けられると苦戦を強いられそうだ。
REDは中央ルートをどう攻略するかがカギになる。
MAPのバランスはよく、実力勝負となりやすい。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
UG forcesは解放戦線のヨーロッパの拠点壊滅のため、弾道ミサイルの使用を決断。これを知った解放戦線は弾道ミサイルの発射を阻止するためにジャン・ホーク指揮のもと、部隊を派遣。石畳の街を舞台に、かつての同期生ジャン・ホークとカルロスがぶつかり合う。

ホワイトスコール

マップ画像
全体的に建物の高さが低く、細い通路によって構成されており、上空からの建物越しのグレネードが当たりやすいため、いかにグレネードで敵チームの人数を減らせるかが勝負の鍵を握る。
BLUEチームは小部屋の多いほうからスタートするため、待ち伏せはしやすいが、爆破地点Bへは距離があるためそちらにも手を回さなければならないだろう。
REDチームはBへは攻めやすく、Aへは遠いという位置。どちらを攻略するかの駆け引きを楽しめる。
状況
波の音と船の汽笛が心地よいこの街に、解放戦線はエネルギーテック社との間で秘密裏に開発を進めていた化学薬品を数年前から持ち込み保管していた。解放戦線とエネルギーテック社との関係に気づき、調査を行っていたUG forcesはその保管された液体を発見、連絡を受けた本部は証拠品確保のために特殊部隊派遣の指示を出すが、このことが結果的に解放戦線に証拠品発見を教えることとなり、解放戦線もすぐに証拠品を隠滅すべく部隊を派遣する。今、地中海沿岸の小国で両部隊が激突する。

シティキャット

マップ画像
日本をモチーフにした市街戦MAPだ。爆破地点のA、Bはともに開けた場所にあるためC4設置中に攻撃を受けないよう気をつけたい。
入り組んだ狭い通路が各ルートを結んでいるため、多様な攻撃、防御の作戦を考えられるだろう。
状況
補給物資を一般車両で運搬しているという機密情報を解放戦線が入手した。重要な補給物資を巡り、解放戦線の強襲作戦が開始される。

クロスポート

マップ画像
MAPの中央がダクトでつながっている、一風変わったMAP。爆破地点にはそれぞれロングストレートがあるため、BLUEチームはそれぞれにスナイパーを配置するべきだろう。
REDチームで攻める場合は爆破地点Aのほうが入口が広く、攻め込みやすい。スモークやフラッシュなどを使うことでさらに難易度は下がる。
そのためBLUEチームでも、ただ待つだけではなく果敢にREDチームを攻めるという作戦もいいだろう。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
世界各地からタンジリロに送られる食糧と医薬品の支援物資をUG forcesが略奪して自らの補給物資に転用する動きがある。この情報を入手したジャン・ホークはこの事実を全世界に知らしめるため、支援物資が保管された港へSilent Fox部隊員たちを緊急派遣するのだった。

ウェスタン

マップ画像
まるで西部劇の舞台のようなMAPだ。中央メインストリートは広々としているが格好の狙撃の的であるのでこちらを通って戦うのはあまり得策ではないだろう。
爆破地点B側では、建物の屋根に乗ることもできるため、高低差を利用した戦術もアリ。
状況
荒涼とした景色が広がる、人気のない西部のゴーストタウン。UG forcesはこの廃村に、新武器をテストする研究施設を密かに構築していた。村役場の建物を中心に随所に点在する廃墟にはラボが開設され、地響きと爆音が、荒野の砂塵とともに村を覆い尽くしていた。

デザート2

マップ画像
ゲーム開始地点がロングストレート地点であるため、開始直後にスナイパーライフルの射撃音を聞くことになるMAP。
REDチームはBポイントを攻めやすいため、BLUEチームはいかにBポイントを守れるかが勝負の鍵を握る。
大別すると4つのルートがあるため、BLUEチームはREDチームの動きを見ながら機敏に戦うことが必要となる。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
「アフリカ北東部に存在するこの地域は現在戦略的に大変重要な戦線である。砂漠戦でこれ以上戦線を維持するのは我が軍にとって最悪の結果をもたらすだけだ。最後の進撃を命令する。もう逃げ場はない。戦場のちりになったとしても……」

第5補給倉庫

マップ画像
第3補給倉庫と半分だけMAP構成が同じであるMAP。ゲーム開始直後にグレネードがどんどん飛んでくるので、REDチームはそれをかいくぐっていくことが必要になる。一方BLUEチームは、グレネードを浪費しないように戦うことも必要となるだろう。
速攻をかけたり、一歩引いて待ったりと、緩急をつけた戦い方が重要になるだろう。
爆破地点Bへは一度入ると安全にC4爆弾を設置できるが、それまではあちこちに物陰があるため、緊張を強いられる。またお互いのリスポーン地点を結ぶ直線のダクトが存在しており、これはゲーム終盤でも反対側の敵の確認など利用しやすいオブジェクトだ。
公式大会でも採用されているMAP。
状況
補給倉庫の爆破に成功した連合軍だったが、反乱軍陣営に潜入させているスパイから「もうひとつの補給倉庫」に関する情報を入手する。連合軍の奇襲爆破攻撃の計画を立案した。一方、反乱軍もまた連合軍の侵入を予期し、逆襲のために連合軍を待ち伏せするのだが……。

地下鉄

マップ画像
地下鉄が走る駅が舞台となるMAP。
地上と地下の2階層あり、若干複雑な構成。
MAPをしっかり把握してから勝負に臨むとよいだろう。

ビッグ補給倉庫

マップ画像
「第3補給倉庫」と同じMAP構成だが、キャラクターボリュームが40%アップした状態で戦わなければならない。
まったく予想できない攻防が予想される。

ゴールデンアイ

マップ画像
金色の寺、それを取り囲む池、地下通路という構成のMAP。
地下からスタートするBLUEチームは、寺の内部にあるオブジェクトを奪取せねばならない。しかし寺は見通しがよく外側から接近しづらく、また地下通路から直接行くと上にREDチームが待ち受けており、かなりの苦戦を強いられるだろう。
奪取オブジェクトは寺の内部に2カ所に配置されている。
状況
連合軍の諜報部は、内部関係者の裏切り行為により、反国軍のジャン・ホークに諜報衛星の受信機が渡る計画があることを突き止める。連合軍は急ぎ部隊を現地に派遣。計画の阻止、衛星受信機とブラックボックス確保の命令を下す。

クラブナイト

マップ画像
ナイトクラブがモチーフのMAP。中央のダンスフロアは外周を登ることができ、通路同士に通じている。
通行可能な場所が多いため、下見を十分しておくとよいだろう。
状況
ゴールデンアイ作戦中、奪取できなかった衛星受信機の行方が分かった。ナイトクラブに偽装された建物の地下金庫に衛星受信機が保管されており、今まで探していた化学物質保管箱も一緒に存在するという情報ももたらされた。

ツーフェース

マップ画像
2つの奪取オブジェクトが近くに配置されているMAP。
広い通路と交戦ポイントが限られてくることで、ガチンコのAIM勝負になりやすい。
スモークやフラッシュなどを上手く使って戦いたい。
またオブジェクトとオブジェクト奪取地域が離れているため、オブジェクトを奪取した後も敵の警戒が必要とされる。
状況
ジャン・ホークの行方を追跡していたUG forcesの特殊偵察隊Squad Venusは、消えたSilent FoxとW-Scout部隊の痕跡を発見したという。Squad Venusの報告書によると、毎日朝方にアドゥカ南の外郭に位置する工業地帯の人影のない倉庫に何台かのあやしい車両が出入りしているが、その車両の運転手のうち何人かがSilent Foxのマークが付いた帽子を被っているというのだ。Squad Venusの隊員を倉庫周辺に潜入させて観察した結果、解放戦線の諜報報告がここでジャン・ホークおよび解放戦線の中心人物に伝達されているという情報を得た。UG forcesはSAチームを緊急派遣し、解放戦線の諜報に対する作戦を開始する。

バトル・ヒル

マップ画像
雪降る工場を舞台に、丘状の占領地点を巡って繰り広げられるいたってシンプルなMAP。
REDチーム、BLUEチームそれぞれの陣地の真ん中に占領地点である小屋が位置する。

ウェアハウスビギンズ

マップ画像
チームデスマッチで人気の「ウェアハウス」の占領戦バージョン。
コンテナから中央地下に侵入ができ、そこに占領オブジェクトがある。
チームデスマッチのMAPとは若干作りが異なっているので注意。
状況
反乱軍の隠れ家として使われているウェアハウスだが、建築中にはその地下室に秘密武器が隠されているという情報が流れていた。兵器の威力は絶大で、戦争の勝敗を決するほどのものだという。兵器を巡る戦いは熾烈を極めた――。

ストーンキャッスル(占領戦)

マップ画像
ほぼ左右対称の構図となるMAP。占領オブジェクトへはMAP中央の橋と1Fからの階段の2つのルートがあり、占領後は両方からの敵の攻撃を凌ぐ必要がある。
またロングストレートが少なく遮蔽物が多いため、アサルターの活躍が目立つMAPとなっている。
状況
背信者を処断するためにSilent Fox部隊員の進入が開始されたとともに、解放戦線とUG forces側との最初の交戦が始まった。背信者の暗殺を目的に双方の精鋭要員が熾烈な戦を内部で繰り広げる。

ストームビル

マップ画像
地上と地下の2ルートから占領オブジェクトに接近できる。
地上は見晴らしの良い戦場だが、地下は狭い通路が入り組んでいる。
どちらを進むか、好みが分かれるところ。
状況
政府軍の占領下にある街ストームビルに、諜報衛星のコントロールセンターが設営されている情報を入手した解放軍は、すぐに部隊を派遣し、衛星アンテナの制御権の確保と諜報衛星の無力化を狙う。

バラージ

マップ画像
ゴーストタウンが舞台となるMAP。
中央にそびえたつ旗が占領地となる。
高低差のある戦場を生かせるかが勝敗の大きなポイントになるだろう。

スナイパーブリッツ

マップ画像
空爆を受け、荒廃した街が舞台のスナイパーライフル専用MAP。
狭い構成のMAPのため、敵と撃ち合えるポイントが多くクイックショットの精度を磨くのに最適だ。
待ちばかりのスナイパーはこのMAPでは通用しないだろう。

アパート - ダブル爆破

マップ画像
爆破ミッションをアレンジし、両チームとも相手の爆破地点を爆破することが目的となるモード。
コンクリートの大きな建物を中心に高低差のある構造のため、それを活かした戦いがポイントとなる。
また、相手チームが設置した爆弾を解除することでも勝利となるため、通常の爆破ミッション以上に綿密な戦略と駆け引きが要求される。

第3補給倉庫 - インビジブル

マップ画像
透明陣営(REDチーム)と一般陣営(BLUEチーム)の対決で行われる爆破ミッション。
REDチームは近接武器とショック手榴弾のみ使用可能で、BLUEチームは投擲武器が制限されている。
BLUEチームはREDチームの息遣いに耳をすませて、敵の位置を予測して戦いたい。

プロバンス - インビジブル

マップ画像
Aポイント、Bポイント、中央、と3つのルートに分かれているので、BLUEチームは防衛陣地を作りやすい。
REDチームは木箱やテントなどの段差のある障害物を活用すると位置を察知されにくい。
この段差をうまく活用し、C4設置をできるかがポイントとなる。

トリオ

マップ画像
3対3からの少人数制で対戦可能な比較的小規模なMAP。
REDチームはBLUEチームのスナイパーに注意しながら2手に分かれたルートを突破できるかが鍵になる。
少人数制のため、人数差をつくられないように慎重に攻略することが重要となる。

A補給倉庫 - リスポーン

マップ画像
人気の第3補給倉庫のうちAサイトのみを使用するMAP。
既存のC4爆弾設置時間よりも1秒間短縮され、設置後の爆破待機時間も30秒に短縮されている。
スピーディーな展開と素早い判断が要求されるだろう。

トリプルタワー

マップ画像
スナイパーライフル専用MAPであり、あちこちにロングでの狙撃ポイントが存在する。
スナイパーライフルの腕を磨くのに適している。
状況
金融機関の多数入っている超高層ビルにあるUG forcesのセーフハウスが、解放戦線の諜報に捕捉された。諜報によればUG forcesの中核人物がこのセーフハウスをしばしば訪れ、軍事作戦を練っているというのだ。ジャン・ホークはえりすぐりのスナイパーを集め、敵の主要人物を狙い撃ちにしようとする。

オブザーバー

マップ画像
ハンドガン専用の占領戦MAPであり、非常に大きな高低差がある。そのため、ただでさえ乱れがちなハンドガンのAIMがさらに難しくなる。
ハンドガンの練習用MAPに。
状況
偵察機の報告によると 午前6時頃、200kmほど北西に向かった高地において観測所と見られる建造物が発見された。敵軍の軍事観測所(OP)ではないかと考えられる。OPが我々を捕捉する前に、速やかに同地を急襲し、3階にあると見られる統制室を占領しなければならない。

クリフ・ハンガー

マップ画像
ナイフ専用MAP。直線上になっているMAPなので、ナイフ使用で一番重要となる敵との距離感をつかむ訓練に最適である。
状況
度重なる交戦に疲労しきったUG forcesと解放戦線。彼らは最後の生存のために丸木橋の上で向かい合った。底知れない峡谷の古い橋の上で勝者として生還するチームは一体どちらなのか?

A補給倉庫

マップ画像
爆破地点がAしかない「第3補給倉庫」。
REDチームはロングストレート勝負に打ち勝ちC4を設置しなければならないのでREDチームは苦戦を強いられる。
状況
ジャン・ホーク率いる特殊部隊Silent Fox内の精鋭チームW-Scoutにより第3補給倉庫B地域爆破作戦は成功した。しかしUG forcesはA地域に残された補給品をもとに大々的な攻撃の準備に取りかかっていた。ジャン・ホークはUG forcesの補給を完全に断つため、また北部戦線の膠着化を解消するためにA地域への奇襲を敢行する。

クロスカウンター

マップ画像
スナイパーライフル専用MAP。遮蔽物の多い中央ロングと、脇道が1本通っている。
いずれの道を選んでもスナイパー同士のガチンコ勝負が楽しめる造りとなっている。
状況
1ヶ月以上におよぶUG forcesとSilent Foxの戦いにより、ゴーストタウンと化したインド南部のある町で、 孤立したUG forcesは戦闘物資の空中輸送を試みるが、Silent Foxによって阻止されてしまった。UG forcesは限られた武器で生き残りをかける!

モンキーガーデン

マップ画像
ナイフ専用の占領戦MAP。高層の吊り橋と、中間層のオブジェクト、下層の大地と、高低差がある。
前後左右に気を配りながらの戦闘が求められる。
状況
マッドケージで生き残ったUG forcesと解放戦線の隊員たち。彼らはここがどこかも分からない深いジャングルの中で、何の目的もなく、ただ生き残るための凄まじい戦闘を始める。

マッドケージ

マップ画像
ラウンドマッチのナイフ戦専用マップ。周囲を柵で囲まれ、中央には橋が架けられた深い穴が存在する円形の狭いフィールド。

シュートアウト

マップ画像
まるで西部劇のようにカウントと同時にゲームが始まるMAP。
スナイパーライフルは1発、アサルトライフル等は10発と弾数制限がある。
中央には高威力のショットガンが置かれてあり、この武器を奪えるかどうかが勝負の分かれ目だろう。

A補給倉庫 - ACE

マップ画像
1人ずつが戦う、1対1を繰り返していく特殊なシステムのMAP。個人の技量が試される。MAPそのものは「A補給倉庫」だ。
秒数制限が厳しいため、REDチームは敵を制圧するか、すぐにC4を設置するかを選択せねばならない。

カウンターブロー

マップ画像
スナイパーライフル専用MAP。非常に簡単な構図のMAPなので、スナイパーライフルのクイックショットや立ち回りをトレーニングするに適している。

掩蔽壕

マップ画像
掩蔽壕(えんぺいごう)は敵の攻撃から装備、物資、人員を守るための施設。
英語ではBunker(バンカー)と呼ばれる。

ウェアハウス-SR

マップ画像
スナイパーライフル専用のウェアハウス。
スナイパーの技術向上にはうってつけのMAPだろう。
サブウェポン、近接武器は使用可能。

ウェアハウス-AR

マップ画像
アサルトライフル(※特殊銃含む)専用のウェアハウス。
スナイパーのないウェアハウスはとにかく乱戦が予想される。初心者にもおすすめしたいMAP。
サブウェポン、近接武器は使用可能。

第5補給倉庫-インビジブル

マップ画像
「第5補給倉庫」は戦闘箇所が限られているため、通常爆破モードでは激しい撃ち合いが多く発生するMAP。
しかし"見えない敵"にこの常識は通用しないだろう。
今までにない新たな戦術を確立しないとこのMAPは攻略できないだろう。

ドラゴンロード-インビジブル

マップ画像
公式大会でも使用される「ドラゴンロード」は高低差があり、転落の危険も高いMAP。
"見えない敵"を相手にどう戦うか?難易度が高いこのMAPをぜひ攻略してほしい。

Triple Threat

マップ画像
爆破ミッションで行われる3対3専用MAP。比較的シンプルな構成のため、スピーディーな展開と素早い判断が要求される。
通常の爆破ミッション以上に仲間と連携をとれるかが大きなポイントとなるだろう。

キリング・フィールド

マップ画像
平坦な四角形のMAPであり、ナイフ専用となっている。
とにかく数多くナイフを振りたい、という場合に利用するといいだろう。
状況
デスマーケットで取引される予定だった恐るべき兵器、今それは、中央アメリカ南東部、古代遺跡が点在する地域にあるという。UG forcesは今度こそこの兵器を回収するべく、再度ジャン・ホークとSilent Foxを派遣する。

レッドファーム

マップ画像
農場をテーマとしたMAPで、非常に多くの障害物があるため、上空は開かれているがスナイパーライフルで一方的に狙撃されるというバランスにはなっていない。
中央の建物にオブジェクトが存在しており、ここには二階や横通路など簡単ながらも入り組んでいる。
状況
北西側高原地帯のある農場で、身元の怪しい人物たちによる武器の取引があるとの情報を入手した。一部の取引品が我々の軍事地域の位置を追跡する装置だと判断された。隊員たちは至急農場中央付近で位置追跡機を回収して処分せよ。

ヴァンパイアロンドン

マップ画像
ロンドン市街をモチーフとしたヴァンパイア専用MAP。人間は狭い通路の上やジャンプして移動できる壁の上など、限られた避難ポイントを見つけて戦っていくことになる。
初心者の方にも気軽にプレイしてほしいMAPである。
状況
2010年冬、ロンドン。血生臭い闇の正体。人を誘引して自分の従属者にしてしまう夜の種族、ヴァンパイア。都市の地下に隠れて日々生きているヴァンパイアたちを地獄に帰らせることができるなら……これから人間対ヴァンパイアの戦争が始まる。

ヴァンパイアベッセル

マップ画像
ヴァンパイア専用MAP。船をモチーフにしており、甲板から海に落ちると死亡となるので注意したい。
船上のみのMAPだが隠れる場所が非常に多いMAPとなっている。
状況
ロンドンの血生臭い戦闘から生き延びた生存者たちはロンドン港を通って船で脱出を敢行する。辛かった戦闘を忘れて休暇気分に浸る者もいる一方、ヴァンパイアによる負傷者たちは治療を受けていた。その船員室から悲鳴が聞こえてきた。再び彼らが押し寄せてくる。

ビッグヘッドハウス

マップ画像
ビッグヘッドモード用にダクトのサイズも大きく調整された「ウェアハウス」。
敵の頭が大きく倒しやすいため、初心者の方はぜひプレイして、ゲームの基本を覚えよう。
状況
敵を射殺する度に隊員たちの頭が大きくなるアメイジングモードのウェアハウス。頭の大きさが最大になると誰も阻止することができない伝説の武器が支給されるが……。ビッグヘッドになってすべての敵を殲滅せよ!

ビッグヘッドカウンター

マップ画像
スナイパーライフル専用MAP「クロスカウンター」を、ビッグヘッドモードで楽しめる。
ビッグヘッドモードではすべての武器が許可されている。アサルトライフルを使っても、遠距離とはいえビッグヘッド相手ならヘッドショットも可能。腕試しにどうぞ。
状況
クロスカウンターマップに奇妙な生命体たちが現れた。 「無敵のビッグヘッド」になって敵を殲滅せよ!

アジト

マップ画像
アジトにたてこもるREDチームと、周囲から攻め込むBLUEチームという構図。
人数がお互い少ないため、防戦が一方的に有利という展開にはならない。BLUEチームは、REDチームの意表を突く攻撃展開が重要になる。
状況
秘密裏にヨーロッパに派遣されたSAチームの情報によると、東西部に位置する山岳地帯に、平凡な工場に偽装した解放戦線のアジトが存在するという。そこには解放戦線部隊員の位置を把握することができる特殊な「レーダー受信機」が装着されているようだ。この情報を入手したUG forces側は特殊部隊を出動させて解放戦線のアジトに残っている解放戦線のメンバーを索敵、除去する作戦を開始する。

アリーナ

マップ画像
劇場をモチーフとしたMAPで、BLUEチームは人質を救出するために劇場外から侵入する。
入口は正面と、2階席の2種類あり、劇場内で分岐する。
REDチームはリスポーン地点から人質までが近く、比較的守りやすい。そのためBLUEチームは、狭い通路を出てからのクリアリング、遠距離での攻防が攻略の鍵となるだろう。
状況
レッドカーペットが敷かれた豪華な劇場! 歓呼とともに白いリムジンで登場した世界的なスターが、多くのファンの前で拉致されるという前代未聞の事態が発生する。警察は誘拐犯であるテロリストに対応するためUG forcesに支援を要請。最精鋭SAチームとテロリストの戦闘が始まる!

ヴァンパイアロンドン

マップ画像
ヴァンパイアロンドンのMAPを利用した個人戦。ヴァンパイアモードではないので注意。
自分以外がすべて敵ではあるが、必ず有利なポイントがあるので、そこを探していくことが勝利への近道だろう。

アサルト

マップ画像
林立する木柱と、隠れる場所がないMAP。
木製の足場には乗ることが可能だが、実際にはそんなことをやる暇がないほどの混戦になるだろう。
木柱を上手く使うことと、見つけた敵をすぐさまヘッドショットで倒すことが勝利への近道。

5補給-個人戦

マップ画像
「第5補給倉庫」の個人戦モードでの実装。
リスポーン地点がMAPのいたる場所にあり、MAPの熟知度と冷静な判断が重要になる。
激しい銃撃戦を制するのは簡単ではない。

大乱闘

マップ画像
Free For All形式で行われ、一定以上のKill数に達成するとレベルがあがる特殊MAP。
レベルは1~6段階まであり、レベルごとに様々なメイン武器が支給される。
目標Kill数を目指し、乱闘混戦を勝ち抜け。

スクール

マップ画像
Free For All形式で行われるウェポンチャレンジモードでの「スクール」。
敵を倒しレベルアップしていく度に、武器が変わっていく。
どんな武器でもしっかりと使いこなせないとこのMAPでは勝利から遠のいてしまう。

第3補給倉庫

マップ画像
爆破モードで最も人気がある「第3補給倉庫」を個人戦モードに実装。
爆破モードと違い、何度でもリスポーンできるため、これまでとは違う「第3補給倉庫」を味わうことができるだろう。

イタリア-CSO

マップ画像
FPSゲーム「CSO」で人気のMAPをサドンアタックに実装。
イタリアの町をモチーフにしたMAPは通常のサドンアタックでは味わえない大規模な構成になっている。

マップクリエイト-自由形

マップ画像
自由にオブジェクトを設置して戦うマップクリエイトモード専用MAP。4種類のオブジェクトをどう設置するかが勝敗を左右する。全く新しいサドンアタックが体験できるだろう。

クラウンバンク-警察泥棒

マップ画像
警察泥棒モード専用MAP。一心不乱に走り回る面白さは病み付きになること間違い無し。通常のMAPの見方はここでは通用しないため、何度も挑戦し、自分なりの戦略を見つけてほしい。