SUDDEN ATTACK サドンアタック

GAME START ゲームスタート

サドンアタックへようこそ!

画像掲示板

解答 [4]

投稿者
階級斉藤ワーナー
投稿日
閲覧数
578
解答
【証明】

図形Bを三角形Bとして仮定する。

三角形Bの高さ5マス、底辺13マスの三角形。
三角形C(青色の部分)の高さ2マス、底辺5マスの三角形。

三角形Bと三角形Cはお互いに相似な図形であるが、底辺と高さの比率を見ると

5:13≠2:5

となるため図形Bは三角形でない。

よって図形Bは台形となり、AとBの斜辺の長さが違うため空白ができる。

(証明終)



ポイントは「相似」です。この言葉を使えばほぼ正解とします。
だから「Bの方の三角形とBの青色の三角形は相似じゃねえから空白できんだろ?VPNスキンくださーーい」で正解です。


正解した2名の方には後日お好きなスキンをプレゼントしますので、ご確認下さい。
階級 Sealys
http://yamav102.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/11/09/figure2_4.png
階級 ZELA
今日の夜、SAプレイするのでその時にフレンド送ります。 ビキニスキン希望
階級 ZELA
だるいんだよ!へ この説明では感覚的に理解出来そうも無いので、一応正解を貰った身として簡潔に説明させてもらう、これで間違ってたらスキン無しで構いません。
階級 ZELA
図Aと図Bの一番左端の角から一番高い角に直線を引く。図A場合は直線よりも凹んだ形になっていて「?」のマスを1としたら、凹んだ部分の面積は0.5、反対に図Bは直線よりも膨らんでいて、その部分の面積が0.5、計1の差が生まれる